出会い系エッチガイド

出会い系を使い簡単な方法で女の子とエッチできるまでのポイントを紹介!

やっと彼女ができましたが、二次元にいるオタク女子です

茨城県つくば市 夢人さん23歳 大学院生

僕にもやっと彼女ができました。

出会い系で相手を探すこと2ヶ月、紆余曲折を繰り返しながらやっとここにたどり着いた感じです。

でも相手はアニメ好きで、コスプレプレイが好きなオタク女子で、普通の人とは違う次元に住んでいるような風変わりな女なのです。

彼女に会うと、二次元から侵入してきた女に会ったような気分になります。

ですから「彼女ができました」なんて爽やかな表現はあまりふさわしくなくて「二次元のいるオタクな生き物に憑依されました」とのほうがより正しい表現だろうかと思います。

彼女は髪を紫に染め、24歳にもなるのに少女のような服を着て、舌足らずでトーンの高いしゃべり方でからんでくるので、本当に異次元生物に襲われた気になります。

でもそのほうがエッチしやすかったといえばしやすかったです。

というのも、僕は童貞だったからです。

童貞を捨てる場合、たとえばうんと年上だとか外国人だとか風俗嬢だとか、相手との間にあまり共通点がないほうがいいと思っていましたのでちょうどよかったかもしれません。

二次元の彼女は僕にとって全く異質の女ですから、仮にエッチして失敗しても、三次元にいる男はだいたいこうなんだと言い訳できそうな気がしたのです。

でも最初のエッチで明らかになったのですが、実は彼女も初体験だったようです。

「私は今日レディになるんだわ・・・ああんっ! 興奮しちゃう」

アニメの少女のように両手のひらを頬にあてて燥ぐ。

お互い初めてのエッチでしたから、完全にぎくしゃくしたエッチになりました。

二次元の生物と三次元の生物がお互い初めてのセックスをするのですから結果がどうなるか容易に想像がつきます。

僕は挿入しましたが、彼女が痛がって足をバタバタさせたものだから奥まで挿入できず、射精直前で抜けて、間に合わずに恥丘に押しつけて射精してしまいました。

「セックスってこんな感じなの? 何だかあっけないわね」

「君が暴れるからだ」

「今度は暴れないからミーのこと嫌いになっちゃや~よ」

2回目3回目とセックスを繰り返すうちに、だんだんと慣れてきて、お互いに上手にできるようになりました。

二次元と三次元が融合した感じで、何とも言えない味わいがあります。

変なオタク女子ですが、彼女を好きになれそうです。